本文へスキップ

さかもと音楽院は千葉県千葉市美浜区のピアノ教室です。

お電話でのお問い合わせはTEL.043-376-5989

〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺8-15-6

行きたい学校を世界中から選別してみる

2019年11月3日

幼稚園から大学まで、様々な教育機関が存在する中、国内では東京大学と京都大学を最高峰に、選択肢は限定的と言えます。しかし、エリート層がさらに上を目指すときには世界からの選択肢が視野に入るのは言うまでもありません。幼稚園・小学校・中学校であれば、全寮制のボーディングスクールが存在し、世界のエリートはスイスやドイツの学校で日本国内とは全く異なる帝王学から最新の哲学を用いた教育を施されます。高校大学は、英語圏にシフトする傾向にありますが、それでもスイス工科大学やハイデルベルク大学などは世界最高峰の大学の一つとして、ヨーロッパらしいアイデンティティと地位を確立しています。先の東京大学・京都大学の学生たちの中でも、選りすぐりの超エリート層はほぼ海外の大学や研究機関に行くケースが多く、筆者の友人やハーバードで同級生だった人物たちも、東京大学出身者が多いのは事実です。

国内と欧米教育の大きな相違点は、根底に『皆個性や能力が異なる』という考え方があり、一様に同じ能力を伸ばしていくという考え方が存在しません。何かが得意であれば、計算が出来ないとか、読解が苦手ということを恥とするような考え方が無く、特にギフティッドと呼ばれる先天的に余りに特異な能力を持つ子供たちの専門機関や学校も充実しています。この前提が非常に重要であり、国内でも外資系の製品や企業が勢力を伸ばしているように、これまでの同一の教育を施し、その中から優秀な人物を選定するという国内の考え方や閉塞感は世界で通用しなくなったと言って良いでしょう。それが国内にも波及し、わたしたちの日用品の多くは国産ではなくなりつつあります。

そしてインターネットにより狭くなった世界の情報は誰にも平等に行き渡るようになり、それら情報リテラシーを上手に用いて行くことで、自らが考え判断することが求められる世の中になりました。また決断力や判断力といった社会において必要とされる一連の能力は、現在懸命に国内の教育もシフトしようとしていますが、中々それを体現できる教育者が少ないことからも追い付いていくことすら難しいと感じることが多々あります。そうしている間にも世界はもっと先を走っており、哲学や考え方も更に進化し差は日々広がっていると言えるでしょう。これは日本が抱えてきた課題であり、インターネットの普及から情報構築の根底が崩れたと言って過言ではないでしょう。実際にGAFAと言われる世界を席巻するアメリカの企業はインターネット事業が主流であり、彼らの提供するサービスに日々私たちは接し生活を送っています。

こうした現実を見るとき、子供の教育という人間性構築における観点からすると、国内のみに目を向けるのではなく世界全体を見渡すことも必要になるかもしれません。学費という意味では助成金もあり、日本は世界最安値の状況にあります。世界に目を向けると日本人が常識とは思えないような学費を目にすることになりますが、一生を左右する大切な選択をする折に、額面のみでははかれない、もっと大きな可能性を考えることが重要になります。現在の国内における起業家や社会的リーダーたちの多くが、海外で教育を受けている現実を知ると、自ずと求められるものは何であるかも理解しやすくなるかと思います。